日帰りで1.5の視力にまで回復することも可能なレーシックなどのレーザー治療を受ける人もずいぶん多くなりました。

毎朝、コンタクトレンズを着けるたびに、視力回復ができたらどんなに楽だろうって思うことありますよね?
視力回復の仕方にも、目の筋力を高めるトレーニングや、レーシック、寝るときに着ける視力回復コンタクトとたくさんの方法があります。
あなたの目の状態によって、適切な視力回復の方法というのは違います。
日本人は半数が近視だといいます。では、原因はどこにあるのでしょう?
目には水晶体というレンズの役目をしている部分があります。近くを見るときは膨らみ、遠くを見るときには薄くなるのですが、近くばかりを見ていると水晶体の弾力がなくなるのです。
現代の生活は、パソコンやテレビゲーム、携帯メールと目が悪くならないのが不思議という状況です。
近視にまつわる話の中には、迷信とも呼べるものもあるようです。
例えば、近視を遺伝のせいにしている人が多いですが、95%は後天的なもので生活習慣が原因だそうです。
また、眼科などでは、メガネで見えれば良しとされるので、近視は治らないといわれがちですが、トレーニングなどで見えるようにはなるようです。
視力回復トレーニングと針治療は、アプローチは違いますが、特に仮性近視のころは改善することもあるようです。

大切なことですが、視力が落ちた原因をそのままにしていては、せっかく視力回復をしてもまた元に戻ってしまうので、食事や姿勢にも気をつけましょう。
★ダイエット
★ゴルフ
★アフィリエイト
★パチスロ