また、暗いところで本を読むのは目に良くないというのも、よく言われますが、実際には明るすぎるところの方が目にかかる負担は大きいのです。

視力回復について、真剣に考えたことはありますか?
視力回復と一言でいっても、実はトレーニングや針治療、レーシックやサプリメントとその種類も様々です。
言うまでもなく、視力回復の仕方もあなたの目の状態によってちがいます。

近くばかりをじっと見る生活をしていると、水晶体も緊張をしたままになるので、弾力がなくなり、ピントを合わせにくくなるのです。
私たちの生活には、パソコンはもとより、携帯メールやテレビゲームと近視の敵がいっぱいです。
近視の原因で言われていることには、正しくないこともあるようです。
例えば、近視を遺伝のせいにしている人が多いですが、95%は後天的なもので生活習慣が原因だそうです。
また、本を読むのにくらいところは良くないというのも、実は逆で明るすぎる場所の方が目にかかる負担は大きいのです。
視力回復トレーニングや、ツボの刺激で見えるようになったという話もあるようです。
レーシックなどの視力回復手術を考えている方は、症状によっては受けられない場合もあるのでまずは診察をしてもらってください。
ただし、視力回復の治療を受けたとしても、それで永遠に視力が落ちないわけではありません。原因となる生活習慣の見直しも忘れないようにしてください。
★アフィリエイト
★バストアップ
★ロト
◆ペット