メガネの使用は、必要最低限にとどめておく

子供の視力が悪くなったら、まずはメガネをかけさせる親御さんは多いと思います。ただ実は必要以上にメガネに頼るのもよくありません。なぜならばメガネをかけたからといって視力が回復するわけではないからです。メガネは視力を回復させるものではなく、遠くをよく見えるためにするものです。そこをまず理解しておくことが大切です。

メガネをつねにかけた状態でいると、目が通常持っている視力を調節する機能を衰えさせることになります。子供の視力回復には視力回復トレーニングが効果があると言いましたが、メガネに頼らずに、遠くを見ることを続けたりしていると、視力が回復することもあります。

子供の視力を少しでも回復させるためには、今まで持っていた目の機能を回復させることが重要となります。メガネをすることで、目が本来持っている機能を使わなくなるので、視力が次第に落ちてしまうことにもつながってしまいます。メガネの使用は、必要最低限にとどめておくことも大切なことかもしれません。

目のことを意識した生活を送る

子供の視力回復のために、自宅でもなるべく視力回復トレーニングをおこなって、少しでも視力が回復できるようにしていきましょう。

今の子供たちは近くのものを見る機会はあっても、遠くのものを見る機会は少ないです。遠くを見ようとしても、ビルなどの建物が邪魔をして見ることができませんし、日常生活でも室内でゲームばかりしていて遠くのものを見る機会がありません。

そこで意識して遠くのものを見るようにしていくことも、子供の視力を回復させるためのトレーニングになります。例えば眺めが良い高台に遊びに連れていって、遠くに見えるさまざまなものを一緒に眺めてみましょう。

こうすることで遠くを見る習慣を付けて、つねに目のことを意識した生活を送れるようになります。